FREETELのRAIJIN 雷神のカメラの設定項目

RAIJIN 雷神のカメラの画素数

  • メイン:1,600万画素
  • サブ:800万画素

▼カメラ起動後の画面(まだ焦点は合っていません)

f:id:tonf:20170209160118p:plain

RAIJINのカメラの設定項目

▼左上の歯車マークの設定項目のうち「オン・オフ」以外の設定がある項目を順次紹介します。

フリーテル製品は国産ですがカメラのシャッター音をオフにできます。雷神も可能です。ただし、消音撮影中は画面の変化が一切ないので、本当に取れているのか分かりにくいところがあります。左下(イン・アウト切り替えマークの左側)部分に極小の撮影済画像が出ますが、同じ画角の写真は違いを判別できないため、何枚も撮影してしまうことがあります。

f:id:tonf:20170209160323p:plain

▼「バースト」

f:id:tonf:20170209160544p:plain

▼「フリッカー防止」

f:id:tonf:20170209160510p:plain

▼「動画サイズ」

f:id:tonf:20170209160645p:plain

▼「クイックモーション」

f:id:tonf:20170209160805p:plain

▼「ボリュームキーの動作」

f:id:tonf:20170209160852p:plain

以上が、歯車マークの詳細設定です。

シャッター音は単にオン・オフだけで切り替えられます。国産のSIMフリー機でカメラを消音できるのは貴重です。なお、動画ボタンをタッチするといきなり動画撮影が始まり、その際、録画・停止時ともにシャッター音が鳴り、設定で変更する項目がないようです。

▼次に撮影画面で、上端左から2番目のフラッシュ設定

f:id:tonf:20170209161353p:plain

▼その右、セルフタイマー設定

f:id:tonf:20170209161600p:plain

▼その右、解像度設定

f:id:tonf:20170209161656p:plain

▼下段、シャッターボタンの左、インカメラ切り替えボタンをタッチすると、「ビューティー」と「オリジナル」の設定が画面上に出ます。(この画像は、インカメラ側を被写体に向けています。)

f:id:tonf:20170209161836p:plain

▼シャッターボタンの右、ビデオカメラボタンはタッチすると同時に録画が開始され、開始・終了時ともに、カメラのシャッター音設定にかかわらずシャッター音が鳴ります。画角が若干狭いようです。

f:id:tonf:20170209162123p:plain

▼その右、撮影モード一覧。「暗がり撮影」「オート」「色鮮やかHDR」は詳細設定項目はありません。

f:id:tonf:20170209162250p:plain

▼撮影モード「マニュアル」

ホワイトバランスにはオート、日光、蛍光色、自然光、日陰、トワイライト、曇り、暖かい、の8種があります。

露出には、-3から+3までの0を含めた7段階があります。

ISOには、オートのほか、100、200、400、800、1600があります。

f:id:tonf:20170209162722p:plain

▼撮影モード「一眼レフ」

f:id:tonf:20170209162517p:plain

▼撮影モード「ビューティ」

女性マークをタッチすると、キラキラ度?が5段階あります。

f:id:tonf:20170209163348p:plain

f:id:tonf:20170209163430p:plain

▼撮影モード「残像」

f:id:tonf:20170209163518p:plain

▼撮影モード「パノラマ」

f:id:tonf:20170209163617p:plain

▼撮影モード「ハイスピード」

f:id:tonf:20170209163715p:plain

以上が雷神のカメラの設定項目になります。

 

RAIJIN 雷神での実写

カメラ撮影は素人ですが、初期設定のまま室内で撮影すると青色が強い印象でしたので、ホワイトバランスを調整して撮影しました。その結果、ホワイトバランスが「オート」と、実際に近い色合いの「曇り」との違いが次の画像です。

▼ホワイトバランス「オート」

※フラッシュ無しで撮影したため、手ぶれが強く出ています。

f:id:tonf:20170209164143j:plain

▼ホワイトバランス「曇り」(実際の色合いにかなり近い)

f:id:tonf:20170209164448j:plain

カメラを向けた時や撮影後の画像を雷神の画面上で見ても、その差がはっきり分かりますので、大事な一枚を撮影する際は設定の見直しも考えたほうがよさそうです。

以上、RAIJIN 雷神のカメラでした。