FREETELのRAIJIN雷神が届いたので早速レビュー!純正フリップカバーを装着した重量は?【本体編】

RAIJIN 雷神の本体と付属品、外観、重量を見ていきましょう。

▼箱はフィルムで包んだ形で届きます。

f:id:tonf:20170205225743j:plain

▼いまどきはどれもiPhoneのように箱に入れられています。本体を覆うようにスモークのフィルムに包まれていますが、画面に張り付く保護フィルムはありません。このフィルムの裏側面には2枚のSIMに対応するIMEI番号やシリアルナンバーが張られており、「このシールは大切に保管してください。」という記載があります。

f:id:tonf:20170205225916j:plain

▼付属品は本体、SIMピン、取扱説明書やスタートアップガイドといった書類、ACアダプタ、USB-Cケーブルです。ACアダプタには商品番号LX15026R、5V1.8A/7V1.8Aといった記載があります。ケーブルの長さは約100cmです。

f:id:tonf:20170205230321j:plain

f:id:tonf:20170205230512j:plain

▼本体の表裏

f:id:tonf:20170205230922j:plain

f:id:tonf:20170205231000j:plain

▼側面上の左側にイヤホン端子、右側にストラップホールがあります。(写真は上面がディスプレイです。)

f:id:tonf:20170205231441j:plain

▼右側面にはボリュームボタンと電源ボタン

f:id:tonf:20170205231642j:plain

▼下側側面には、マイク穴、USB-C端子、スピーカーがあります。

f:id:tonf:20170205231835j:plain

▼左側面にはSIMカードスロット(microSIM用スロット×1、nanoSIM or microSDスロット×1)があります。

f:id:tonf:20170205232030j:plain

▼背面の指紋センサー部はSIMカードの厚さと同程度の深さがあります。押し込むボタン式ではありません。円形のサイズも小さいので、指が大きい人がタッチするには指先を軽く押し付けるような状態になります。※今回購入した本体は指紋センサーの下あたりにわずかにへこみがありました。

f:id:tonf:20170205232554j:plain

▼カメラ横はマイク穴とフラッシュ。カメラレンズ部はほんの少しだけでっぱりがあります。

f:id:tonf:20170205233152j:plain

f:id:tonf:20170205233208j:plain

▼前面上側、左から近接・ライトセンサー、受話口、フロントカメラです。

f:id:tonf:20170205233958j:plain

▼ディスプレイのガラス面にはフチがあり、いわゆる2.5Dではないようです。

f:id:tonf:20170205233856j:plain

▼ホームボタンなどはタッチ式で見えませんが、電源ON時にタッチすると丸印が光る仕様です。ディスプレイ下側にあるので画面の一部を占有することがありません。

f:id:tonf:20170205235353j:plain

▼SIMカードトレイです。上側がmicroSIM用で、下側(蓋側)がnanoSIMとmicroSD兼用です。

f:id:tonf:20170205235739j:plain

▼本体重量は実測で181.2gです。

f:id:tonf:20170205235512j:plain

▼参考ですが、純正のフリップカバーをとハイブリッドガラスフィルムを装着すると260.0g、純正ソフトケースとハイブリッドガラスフィルムを装着した場合は201.0gです。

f:id:tonf:20170206000016j:plain

f:id:tonf:20170206000120j:plain